白髪染めの髪の毛を痛ませる原因の成分は?

白髪染めトリートメント調査団

白髪染めの髪の毛を痛ませる原因の成分は?

白髪染めトリートメント調査団mainimage

白髪染めの髪の毛を痛ませる原因の成分は?

最近は、無添加の白髪染めや髪の毛を傷ませないトリートメントタイプの白髪染めなど様々な商品が販売されています。

そのためこれまで市販の白髪染めを使っていたという方も、次々と髪の毛のダメージを最小限に抑えることができる白髪染めに乗り換えています。

ところで、そもそもどういった成分が髪の毛を傷ませる原因なのでしょうか。

つまり白髪染めに配合されている髪の毛を傷ませる成分とは、一体どのような成分なのでしょうか。

白髪染めに配合されている髪の毛を傷ませる成分としてはまず、防腐剤や酸化防止剤、安定剤、金属封鎖剤といった添加物が挙げられます。

これらの成分は頭皮や髪の毛に対して強い刺激を与えるため、これが配合されている白髪染めを使用すると髪の毛を傷めてしまうのです。

また白髪染めに配合されている髪の毛に悪い成分としては、シリコン剤も挙げられます。

シリコン剤は安価なトリートメントなどにも配合されている成分で、髪の毛の手触りを良くする効果があります。

もちろんシリコン自体が悪いものというわけではないのですが、白髪染めをした後の髪の毛は薬剤が残留し、アルカリ性になっています。

そのためシャンプー等で髪の毛の内部に残った薬剤を洗い流す必要があるのですが、白髪染めの際にシリコンで髪の毛をコーティングしてしまうと、これを洗い流すことができずコーティングの内部で髪の毛がどんどん傷んでいってしまうのです。

白髪染めを購入際は、その商品に上記のような成分が配合されていないか、よく確認しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 白髪染めトリートメント調査団www.paforchoice.org.